メディア情報

 
2014年11月27日、山形国際ドキュメンタリー映画祭のHP内、「311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ」のページにて、ドキュメンタリー映画「手のなかの武器」をご紹介頂きました。
 
311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ
 
「311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ」は、山形国際ドキュメンタリー映画祭主催により設置された、2011年の東日本大震災を主題とした記録映画、及びそれらの作品に関するあらゆる情報を蒐集・保存・公開するアーカイブです。
HPより作品のアーカイブ化と情報公開を行う他、山形ドキュメンタリーフィルムライブラリーにて、館内に限っての個人視聴も出来るようになっています。
 
本作の紹介ページ詳細及び、311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブについては、下記リンク先よりご覧下さい。
http://www.yidff311docs.jp/?post_type=yidff0311&p=81
 
 
2014年11月27日 - 監督:吉本 涼
 
 

 
2014年3月14日、東京 新宿にて行われたフリーペーパーROLMOvol.9 リリースパーティーにて、本作監督吉本が後援させて頂きました。
 
ROLMO vol.9リリースパーティー
 
当日は本作監督の吉本の他、学生脚本家の酒井一途さんも登壇。作品や表現に対する姿勢など、とてもユニークなご意見をお伺いでき、とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。
 
ROLMO vol.9リリースパーティー
 
とても沢山の学生の皆様にお集まり頂き、盛況なパーティとなりました。お越し頂きました皆様、ありがとうございました。
フリーペーパー『ROLMO vol.9』はwebからもお読み頂く事が出来ます。詳しくは下記リンク先よりご拝読ください。
 
フリーペーパー『ROLMO vol.9』
〜映像クリエイター吉本涼 視覚障害というハンディキャップを受け入れながら、映像に託した思いとは〜
http://mixpaper.jp/scr/viewer.php?id=5326edb6bf878

 
 
2014年4月12日 - 監督:吉本 涼
 
 

 
学生がロールモデルを見つけるきっかけを提供するフリーペーパー『ROLMO』に、ドキュメンタリー映画『手のなかの武器』及び、本作監督、吉本のインタビュー記事が掲載されました。
 
フリーペーパー『ROLMO vol.9』
 
フリーペーパー『ROLMO vol.9』
 
今回の『ROLMO vol.9』では、「伝える」ことに突出した今を輝く学生・社会人へのインタビュー特集というテーマのもと、学生ブロガー、起業家、シンガーソングライター、舞台演出家など各分野で活躍中の人々のインタビュー記事を掲載しています。
web上からも無料でご覧頂けますので、是非ご覧下さい!

フリーペーパー『ROLMO vol.9』
〜映像クリエイター吉本涼 視覚障害というハンディキャップを受け入れながら、映像に託した思いとは〜
http://mixpaper.jp/scr/viewer.php?id=5326edb6bf878

取材をして頂きましたROLMOの原さん、カメラマンの榊原さん。どうもありがとうございました。
 
 
2014年3月17日 - 監督:吉本 涼
 
 

 
ピースデー9月21日に開催される、平和をテーマとした世界中の学生向け映像コンペ。UFPFF国際平和映像際のHPにて、本作監督。吉本のインタビュー記事をご掲載頂きました。
 
UFPFF 国際平和映像祭
 
UFPFF国際平和映像際では、平和をテーマに毎年学生を対象に映像作品を募るほか、作品の上映活動も精力的に行っています。
本作の紹介記事詳細は、下記リンク先よりご覧下さい。
http://www.ufpff.com/archives/2045
 
 
2012年9月3日 - 監督:吉本 涼
 
 

 
岩手・宮城・福島・茨城の「被災4県」の10代の子どもたちが綴ったが被災体験記集『子どもたちの3・11 東日本大震災を忘れない』のなかのコラムに、ドキュメンタリー映画「手のなかの武器」の記事を掲載して頂きました。
 
子どもたちの3・11 東日本大震災を忘れない
 
『子どもたちの3・11 東日本大震災を忘れない』では、被災地の子どもたちが、震災発生をどう逃げ延び、どう過ごしてきたのかを綴った、心揺さぶる1冊です。
全国の書店にて、ご購入頂けます。是非一度お手に取ってみて下さい。

『子どもたちの3・11 東日本大震災を忘れない』についてさらに詳しくは下記をご覧ください。
http://createmedia.blog67.fc2.com/blog-entry-71.html
 
 
2012年04月14日 - 監督:吉本 涼
 
 

 
ロックバンド、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル後藤正文さんが編集長を務める新聞 「THE FUTURE TIMES」第2号にドキュメンタリー映画「手のなかの武器」の記事を掲載していただきました!
 
「THE FUTURE TIMES」第2号
 
「THE FUTURE TIMES」第2号
 
「THE FUTURE TIMES」は東日本大震災を機に発行され。3.11を契機にそれぞれが自らの生活、暮らし、そしてその先にある未来を見つめ、語り合うきっかけを作り出したいという想いがこめられています。

「THE FUTURE TIMES」について、詳しくは下記リンク先をご覧ください。
http://www.thefuturetimes.jp/

全国各地で配布中です。部数に限りがありますのでご覧になりたい方はお早めにお手にとって記事を読んでいただけますと幸いです。
 
 
2012年04月12日 - 監督:吉本 涼
 

 
2012年3月24日付の東京新聞朝刊19面にて、ドキュメンタリー映画『手のなかの武器』を取り上げていただきました!
詳細は下記をご覧頂けますと幸いです。
 
20代監督が描く被災地支援映画
 
今後も沢山の方に観て頂けるよう、広報も頑張ってまいります。
引き続き宜しくお願い致します。
 
 
2012年03月24日 - 監督:吉本 涼
 
 

 
2012年3月18日付の、日本経済新聞の一面の「春秋」というコラムに、ドキュメンタリー映画『手のなかの武器』を取り上げていただきました!
 
media001
 
<記事から抜粋>

「素人なんて邪魔なだけとかよく言うじゃないですか」。実際に東北に来るまで、そんなためらいがあったと学生が口々に語る。被災地のボランティアを描いた吉本涼さん(23)のドキュメンタリー映画「手のなかの武器」の一場面だ。
▼登場人物たちと違い、ためらった末に行くのをやめた人も多いのではないか。作品は地元の声も紹介する。「本当に助かる」と中年男性。夜に騒ぐのも「それで元気が出るならいい。被災者と一緒に沈んでは逆に駄目」と若い被災者。役立ちたい若者と求める被災者。思いがすれ違い、支援が減り、復興が遅れる

こちらの記事はwebからもご覧頂けます。詳しくは下記リンク先ご覧下さい。

「素人なんて邪魔なだけとかよく言うじゃないですか」。実際に東北に来るまで、そんなためらいがあったと学生が口々に語る。被災:日本経済新聞 http://s.nikkei.com/1wjzePM

今後も沢山の方に観て頂けるよう、広報も頑張ってまいります。
 
 
2012年03月19日 - 監督:吉本 涼
 
 

 
2012年2月28日、若者による社会変革を応援するソーシャルメディア『オルタナS』にて、ドキュメンタリー映画『手のなかの武器』の取材記事をご紹介頂きました。
 
media002
 
今回の記事は、2012年2月27日の上映会に足をお運び頂き、その様子をリポートして頂いた記事となります。オルタナSでは今回の記事の他にも、数多くの被災地支援情報を発信しています。是非他の記事ものぞいてみて下さい。
本作記事詳細は下記よりご覧下さい。

カメラという武器で、被災地を救いたい!「手のなかの武器」 ー若者による社会変革を応援するソーシャルメディア『オルタナS』
http://alternas.jp/eventpresent-2/15814
 
 
2012年2月28日 - 監督:吉本 涼
 
 

 
2012年2月24日、同日配信のYahoo!ニュースにて、ドキュメンタリー映画「手のなかの武器」の取材記事をご掲載頂きました。
 
課題山積の被災地で若者がドキュメンタリー制作
 
取材頂きました今一生様、ありがとうございました。
また、本記事は配信元のオルタナS様のwebサイトよりご覧頂けます。
詳細は下記リンク先よりご覧下さい。

課題山積の被災地で若者のアイディアに期待「手のなかの武器」 ー若者による社会変革を応援するソーシャルメディア『オルタナS』
http://alternas.jp/uncategorized/15650

 
 
2012年2月24日 - 監督:吉本 涼