制作開始から1年

 
監督の吉本です。
制作を始めてからもう1年以上が経過してしまいました。
昨年3月に、大学を卒業した私ですが、震災を機に入社予定の制作会社にも結果として入社せず、このような活動をしています。

今と当時では状況は違うかもしれませんが、その当時の僕には人を巻き込む程の自信も力もありませんでした。
何が撮れるのか解らない。でも行きたい。
その様なあいまいな感情に身を任せていました。

いま1年がたち、改めて自分の歩んで来た道を振り返っています。

撮影、編集、宣伝・・・
極力、人の力を借りずに、一人でやってきたつもりです。
でも、やはりひとりでは出来ることに限界はあります。

結果として、多くの人のご好意を頂くことで、ここまでこれたと思っています。

取材をさせてくれた方、宿泊場所を提供してくれた方、人を紹介してくれた方、制作に携わってくれた方、TwitterやFacebookで情報拡散してくれた方、
励ましの言葉を掛けてくれた方々のおかげで今の私があります。

だから、まだここで終わってはいけないのです。
私は上映を続けます。

column010

私は考えます、例えば10年後、大学生に「2011年の3月11日に何があったか覚えていますか?あなたは何をしていましたか?」と聞いたとき、その人は何と答えるでしょうか?
何があったか知らない若者もいるかもしれません。知っていても「テレビで見たことある。」くらいにしか感じていないのかもしれません。

私たちが得た教訓、学びを、10年後20年後の子どもへ伝えることは容易ではありません。

でももし、再び大きな災害が起こったときに、人の命を救うのは、今回の教訓や学びなのではないでしょうか?

だとすれば、私たちは伝えなければなりません。伝え続けなければなりません。
そのために、自分に出来ることを精一杯やっていこうと思います。

引き続き、ご支援よろしくお願いいたします。

 
 
2012年05月01日 - 監督:吉本 涼